信託保全

お客様からお預かりした資産と為替業者の事業資金が別々に管理されているかどうかが大切です。このように顧客資産と会社の事業資金を別々に管理する事を「区分管理」と呼びます。

大事な資産をしっかり守る!信託保全のしくみ

弊社では「信託保全」というしくみを導入し、お客様からお預かりしている資産に評価損益等を加味した顧客区分
管理必要額を三井住友銀行及びみずほ信託銀行に預け、弊社の固有財産と区分して、信託財産として管理しております。

通常営業時

この信託保全によって、もし、弊社に万が一の事態が発生した場合、
(1)三井住友銀行及びみずほ信託銀行から受益者代理人へ、直近の信託額算出時点での信託財産を返還
(2)受益者代理人を通して、お客様に実際の顧客区分管理必要額に応じて返還する事が可能となります。

YJFX!破綻時

受益者代理人を通して、お客様に実際の顧客区分管理必要額に応じて返還する事が可能となります。但し、信託保全は、お取引の元本を保証するものではありません。為替レートの急激な変動によっては、お客様の元本を超える損失が発生するおそれがあります。また、入金額については原則として毎営業日毎に信託保全金額として顧客区分管理必要額を弊社が算出し、顧客区分管理必要額算出日から2営業日後に当該信託保全金額を信託致します(三井住友銀行及びみずほ信託銀行は当該計算を行いません)。この時、外貨建資産については、弊社が指定する為替レートに基づき円評価した信託保全金額を信託しております。その為、お客様よりお預りした時点から信託されるまで最大2営業日のタイムラグが生じますので、お預りした時点の資産とお客様に返還する信託保全金額は必ずしも一致しません。但し、この間も金融庁長官の指定する金融機関において、証拠金である事がその名義により明らかな預金口座にて、弊社の固有財産とは区分して管理しております。また、弊社の過誤、システム障害、急激な市場の変動等により、お客様からお預りしている資産が弊社から適切に信託されなかった場合、当該資産が保全されない場合があります。弊社に万が一の事態が起こった場合、受益者代理人からお客様に対してその時点の信託保全金額を上限としてお客様に帰属すべき顧客区分管理必要額により按分された額の金銭を分配して返還致しますが、返還の際、お客様の個人情報を受益者代理人及び信託先である三井住友銀行及びみずほ信託銀行に提供する事がございます。信託先である三井住友銀行及びみずほ信託銀行は、信託された資産の管理を行うのみであり、YJFX!のお客様の資産の返還を保証するものではなく、お客様も三井住友銀行及びみずほ信託銀行に対して直接返還を請求する事はできません。また、三井住友銀行及びみずほ信託銀行はYJFX!の運営、及び受益者代理人の運営及び管理責任を一切負いません。