【重要】法人口座のレバレッジ上限変更について

2017/02/22

※本お知らせは2016年11月18日および、2017年1月30日に掲載したお知らせの再掲載です。

平素よりYJFX!をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

早速ではございますが、2017年2月27日(月)より、法人のお客さまのレバレッジに関する取引の条件が一部変更となります。具体的には、お客さまが適用可能なお取引時のレバレッジに関する上限値が、通貨ペアごとに毎週変動することとなります。

2015年に発生したスイスフランショックなどの急激な為替変動の際、一部のお客さまに多額の損失が発生しました。そのような事象の発生に伴い、お客さまの資産を保護し、過度なリスクをとらないよう配慮する必要性から、金融庁が「金融商品取引業等に関する内閣府令」の一部改正を実施したことに伴う取組みとなります。

なお、この取組みは日本国内の店頭外国為替証拠金取引業者のうち、法人のお客さまへサービスを提供している全ての業者が同様の対応を行うこととなります。

この改正につきまして、皆さまの理解を深めていただくため、法人口座のお客さまに影響のある主な項目を以下にご案内いたします。

【変更点のポイント】
■レバレッジ上限値
一般社団法人金融先物取引協会が、通貨ペアごとに過去一定期間の相場変動率等をもとに「為替リスク想定率」を週次で算出します。その値を用いて、当社ではお客さまに適用されるレバレッジの上限値を決定し、適用することとなります。
法人口座のレバレッジ100倍を超えた値が適用されることはなく、算出されたレバレッジ上限値よりも100倍の方が高い場合に、制限を設けるものとなります。

(例)算出されたレバレッジ上限値が米ドル/円は100倍、ユーロ/円は30倍となった場合
米ドル/円の取引:100倍のレバレッジが適用
ユーロ/円の取引: 30倍のレバレッジが適用

今後2017年2月中旬以降、レバレッジ上限値については当社ホームページまたは金融先物取引業協会のホームページにてご確認いただけます。

◆法人口座のレバレッジについて
当社ホームページ法人口座レバレッジ上限の公表値

◆店頭法人FX取引に係る証拠金規制
一般社団法人 金融先物取引業協会

お客さまにはご不便をお掛けいたしますが、何とぞご理解賜わりますようお願い申し上げます。
本件についてご不明な点がございましたら、お客さまサービスセンターまでお問い合わせください。

YJFX!お客さまサービスセンター
TEL:0120-952-318
お問合せはこちら : http://www.cnex.jp/call/
HomePage : http://www.cnex.jp/